王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
CATEGORY内エントリーリスト (5件毎表示)
今までの子達
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/26(木)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:その後
その後、どうやら、私はペットロス症候群になったようでした(^^;
軽度のものだったと思うのですが、主な症状としては、不眠です。

2005年10月15日(土)に、実家の庭にあの子を眠らせて、翌日、幼馴染みとハウステンボスに遊びに行きました。
久し振りに行くハウステンボスで、楽しく過ごし、それから、福岡の我が家へと一人戻りました。

玄関を開けて、違和感。
いつもいつも、玄関を開けるとまず聞こえていた、あの子の声がありません。

「ああ、本当に、いないんだ」
実感が押し寄せます。
ですが、長い間一緒にいた間の習慣が抜けません。
キッチンに立つ時、トイレに行く時、離れると呼び鳴きするあの子の鳥かごの方角に反射的に振り返ります。
そこには、空の鳥籠だけ。
その度に、「そうだ、いないんだ」と痛感するのですが、この習慣は二月近く抜けませんでした。

そうして、10/17月曜日は事務所へと向かいます。
家を出る時にいつも聞こえていた呼び鳴きももちろんありません。
つづきを表示
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/26(木)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:別れ
手の中で看取ることが出来ました。
老衰だったと思います。

15年以上生きた訳ではありません。もしかしたら、何か病気だったのかも、しれません。それを言われると辛いものもあるのですが、長く十分に生きて、私の傍にずっと寄り添って生きてくれていたことを、本当に感謝しています。

2005年10月7日(金)
兆候が出たのは、この日です。
呼び鳴きの声音がいつもと違っていました。
「あれっ?」と思い、振り向くと、籠にへばりついて鳴いていますが、声がそれまでと違います。
「…ああ、そろそろなのかもしれない」そう、直感しました。

2005年10月8日(土)
便も食事も普通にしているようですが、元気がありません。
羽毛を膨らませていますが、傍によると、遊んで!とすぐに籠にしがみつきます。
この日は、関西に住んでいた頃に、この子と遊んでくれていた友人が福岡の我が家に泊まりに来ていました。
「多分、最後だと思うから、見てあげていてね」友人にそう伝えました。

2005年10月10日(月)
友人は関西へと空港まで見送って、帰宅して、真っ直ぐに籠の傍に駆け寄りました。
すると、餌を全く食べていません。
殻付きのシードを与えているので、一目瞭然でした。
便の調子も特別に変わっている様子はなく、そのうからも臭いはないようです。ただ、手の中で包むと体温が下がっているのが判りました。
この日から、段ボールの中にタオルを敷き、カイロを入れて、保温に努めました。
つづきを表示
CO*1 ] page top
DATE: 2006/01/26(木)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:病気
とはタイトルに書いても、特に病気らしい病気は無く、健康に過ごしてくれていました。

ただ、丸々太った中雛でうちに来ましたが、その後のハンスト、食の細さもあって、普通のオカメインコより一回り小さな子だったようです。
最初のオカメインコは肩に留まっていると、だんだん肩が重くなって凝ってくるので、肩を傾がせて
「はーい、左から右に移動してー」と移動させてました(^^;
でも、この子はそんな風に重さを感じることはありませんでした。

ペットヒーターで暖める、等の防寒対策も特にせず過ごしました。
四度の転居とはいっても、全て西日本の平地でしたから、寒さが酷い厳しいものではなかったもあります。
寒さよりは、寧ろ暑さの方を意識していました。

猛暑のある年、その頃は尼崎に住んでいたのですが、仕事に出ている間、暑いだろうとクーラーを掛けっぱなしにしておいたら、数日後に風邪を引かせてしまったことがあります。

この子の病歴といえば、それ位でしょうか。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/26(木)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:事件
この子が二歳ぐらいの時でした。
…やりましたね、こちらの不注意で、空へと飛び立ってしまいました。

状況としては、籠の掃除をしようと、ベランダへと籠を運んでいきました。その時、籠の上についている、リングを掴んでたんですね。
ベランダに続く窓を開けて、さて、籠を置こうとした瞬間…

ガタン!!!

籠の網の本体部と、プラスチックの底部分が外れてしまったのです。
外れた底は、コンクリのベランダに転がり、かなりの物音です。その音にも驚いたのでしょう、一気に空へと飛んで行ってしまいました。

私もパニックですが、その子の方がもっとパニックです。

凄い絶叫で鳴きながら、空を旋回しています。

どんなに呼んでも呼んでも、こちらに来ません。
ただ、有り難い(?)のは、遠くへ一気に飛び去らなかったこと。
ベランダから、10メートル程離れた宙で、ひたすら旋回をしていました。

この旋回には、一つ理由があると思っています。
その時に、ハッと気付いたのですが、その子が旋回をしている直径が、私のワンルームの部屋、ほぼ、その大きさだったんです。

狭い7畳程のワンルーム。
クリップもしてませんでしたので、この狭い部屋の中だけを、びゅんびゅん飛んでいました。
それだけが全ての世界だった子には、それより広い世界を知らなかったんでしょう。
だから、パニックになり、でも、その7畳ほどの世界で旋回して飛ぶ癖がついていた。
何て狭い世界に私は閉じこめているんだろう、と痛感しました。

でもまずは、何とかしてやらなければなりません。
やがて、隣のマンションの屋上へと鳴き続けたまま飛んでいったのを確認しました。
つづきを表示
CO*0 ] page top
DATE: 2006/01/23(月)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:性格
あの出逢いからは一転して、その後はもうほんと甘えん坊の子でした。

親への愛情のすり替えが起こったんでしょうね。

離れて許せる許容範囲は二メートル。
それ以上離れれば、オカメの「呼び鳴き」が始まります。
一人暮らしの私といたのですから、尚更ですよね。キッチンにたてばピョー!トイレにいけばピョー!
ただ、余り長くは鳴き続けない子で、お風呂に入ると、暫くは聞こえていましたが、やがて鳴き止んでいました。

基本的にクリップはしない主義だったんですが、余り飛ばない子でした。
とにかく、私の肩か腕か膝が定位置。頬を掻かれて、うとうと眠ります。
最初の子には、カーテンレールの上で壁紙囓り等やられていたんですが、この子はそういった子はしませんでした。
私が雑誌を読んでいれば、ぱりぱりと横からページを噛むんですが、そう熱心ではなく、直ぐに飽きていました。
それよりは、頬を掻いて貰ったり、私の傍で寄り添っている方が好んでいたようです。

そういう点では、そう手間の掛からない甘えん坊さん、でしょうか。

可愛い子でした。
私の四度の転居の間も常に傍にいてくれて、十数年、一緒でした。
CO*0 ] page top
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。