王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/26(木)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:その後
その後、どうやら、私はペットロス症候群になったようでした(^^;
軽度のものだったと思うのですが、主な症状としては、不眠です。

2005年10月15日(土)に、実家の庭にあの子を眠らせて、翌日、幼馴染みとハウステンボスに遊びに行きました。
久し振りに行くハウステンボスで、楽しく過ごし、それから、福岡の我が家へと一人戻りました。

玄関を開けて、違和感。
いつもいつも、玄関を開けるとまず聞こえていた、あの子の声がありません。

「ああ、本当に、いないんだ」
実感が押し寄せます。
ですが、長い間一緒にいた間の習慣が抜けません。
キッチンに立つ時、トイレに行く時、離れると呼び鳴きするあの子の鳥かごの方角に反射的に振り返ります。
そこには、空の鳥籠だけ。
その度に、「そうだ、いないんだ」と痛感するのですが、この習慣は二月近く抜けませんでした。

そうして、10/17月曜日は事務所へと向かいます。
家を出る時にいつも聞こえていた呼び鳴きももちろんありません。

何となく、仕事にやる気が出ない。
食欲は普通にあるし、仕事の電話や対応も問題ないのですが、どうにも、何となく気怠い感じでした。

夜、帰宅して、やはり、迎える鳴き声のない玄関。
「いないんだなあ」
いつまで経っても、あの子がいない感覚に慣れない自分に苦笑しました。
そして、いつまで経っても寝れず、朝を迎えました。

徹夜明けの翌日、火曜日も通常通り仕事です。
事務所で、仕事を終え、さて、後は帰宅……なんですが、家に帰る気がどうにもしない。家に帰るのが嫌だな、と思う。
でもこの時は「あの子がいない家は寂しいから帰りたくないんだろう」なんて分析が出来ないんですね。
何で、家に帰るのが嫌か判らず、何だろうなあ…とぐずぐずして、結局事務所に泊まり込みました。
そして、矢張り寝れない。
起きていれば、幾らでも済ませる仕事はありますので、黙々と事務所で仕事をしていました。

翌朝の水曜日、おかしいな、二日寝てないのに、全く眠くありません。
でも、何だか変にハイテンションでした(^^;

その夜は、流石に帰宅して、静かな部屋で、あの子の事を思い出して泣いて、そして、漸く眠る事が出来ました。

今思えば、ペットロス症候群だったのだと思います。

あの子の声が無い生活に慣れるのには、二ヶ月かかってしまいましたが。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。