王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/23(月)   CATEGORY: 今までの子達
子供の頃からの鳥好き
オカメインコを飼うのは、初めてではありません。
実は、今度お迎えする子が、私にとって5匹目のオカメインコになります。
多頭飼いをしていた訳ではなく、大体が一匹対一人の付き合いをしてきました。
そうなると、「どれだけオカメと別れてきたのよ!粗末に世話してたんじゃないの!」と思われるかもしれませんが、その子その子に、それぞれのお別れがありました。

私にとって、インコというのは物心付く頃には既に傍いて、とても身近な存在であり、今も犬より猫より何より、動物といえば、鳥が一番好きです。
テレビで猛禽類の鷹を見ても「可愛い~」と顔が和む私を見て、父は不思議そうな顔をします(笑)

最初の記憶にあるのは、セキセイインコ。
私は恐らく幼稚園の年少組の頃。
母がひょんな機会で引き取ったらしいセキセイインコの番いが、卵を産むようになり、母が雛を育てていたようです。
生まれた雛はご近所に引き取られ、官舎(公務員だったので)のご近所中がセキセイインコを飼うようになっていたんだとか。ご近所で引き取り手がいなくなると、ペットショップに持ち込んでいたりもしたそうです。母としては自覚はなかったでしょうが、ブリーダー的な感じになってたんでしょうね。
鳥籠が幾つか並んでいた記憶はあるんですが、どんな子達だったのかは、記憶は曖昧です。

ただ、ただ、鳥が好きな気持ちは覚えています。
動物全般も好きでした。虫までも。
ヘビを捕まえてきては、「飼う!」と言い張ったり、そのヘビがいなくなれば大泣き、手に一杯のダンゴムシを乗せては、嬉しそうに自慢したりしていました(笑)
母親は困ったそうです。(そりゃそうだろうなあ)

これ、父の教育(?)方針だったんですね。

「無闇に動物や虫を”汚い”と思わせるな」と。

虫を捕まえて喜んで連れて帰って来た子供に「汚い!」と手を払ってしまう親御さんって当時でも多かったと思う。(除菌ブームの今なら尚更でしょう)
でも、父は、それはさせたくなかった。

そうすることで、虫に怯えて騒ぐこともないでしょうし、命の大切さ、というのを教えたかったのかもしれません。

私は、父のこの方針に感謝しています。
自分が子供を育てることになったら、自分もそうしようと心に決めています。

(ただ、虫が平気といっても、ゴキブリだけは駄目ですね……あれはどうして、ああも恐怖を煽るんでしょうか…(--;))
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。