王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/28(土)   CATEGORY: りく日記:幼鳥
初日
がつがつ


さて、お迎えから一晩明けて、朝。
案の定(?)餌は一口も食べてないようでした。どうやら水も。
ケージの隅っこでじーっと身を縮めて、未だ緊張風情です。

取り敢えず餌と水を入れ替えて、様子を見ながら、掃除やら洗濯やらを始めました。
すると、私の姿がうろうろ見え隠れするのに不安を覚えたか、それとも、ショップで忙しく動いていたスタッフさんの姿を重ねたのか、「きょ、きょ!」と鳴き出しました。

鳴いて、直ぐ顔を覗かせると、呼び鳴きを招くと思い(前の子の呼び鳴きには少しばかり悩んだので(^^;)、一呼吸置いてからケージを覗くと、入り口近くでうろうろしてます。
大丈夫かな、と開けると、わたわたと拙い足取りで出てきました。
「ステップアップ!」と声を掛けて、指に乗せ、えさ箱を差し出しても無反応。
そろりとキッチンスケールに乗せて体重を量ると、97g!
Σ わー!9gも落ちてる!!!!!!!!

た、食べなさいよ!と一粒ペレットを手に取り、差し出すと、食べた!
食いついた、といった感じ(^^;
掌にペレットを幾ばくか乗せると、食べる食べる!!
余程空腹だったんでしょう。
通常の子より既に体重が多い子で、ショップではかなり食いしん坊だったようですし。

必死になって、まさしく「がつがつ」と餌を手から啄む姿は可愛いのですが、これが、ずーっとだと困るのは明らか。
びびりーの癖に、餌を食べてる時に、羽や背中を触っても、全然気にする様子はありません。食い意地に勝るものはないのか、根っこは図太いのか…。

この調子で食べなさいね、とえさ箱に留まらせても、認識しない(--;
えさ箱からペレットを一粒つまんで差し出す。
啄もうと嘴を開いたところで、えさ箱にペレットを落として、餌が入っている箱だと認識させようと試みる。

…。
無視ですか…。
結局手の中で暫く食べさせる。
体重が9gも落ちてる!と焦ってしまってました。

ケージに戻そうとすると、昨夜はすんなり入った入り口で抵抗する!
えええええ!

…オカメインコって頭いい。
外で餌が貰える、ここに留まると、ケージに戻されるって、もう、ちゃんと判っている。
小さな頭の中で一生懸命考えているんだなあ…。
何とかだまし討ち(?)でケージに戻す。

昼過ぎ、ショップに相談電話。
店長さんに状況を説明すると、9g落ちるのは不思議ではないので、そう心配しなくていい、とのこと。
三日もすれば、えさ箱を探して自分でちゃんと食べるようになるだろう。それまでは、5g程度を手から与える程度に抑えておく。

夕方、空腹なのだろう。
時折ケージの中でうろうろ、「きょ、きょ!」と鳴いてアピール。
ほんの少し餌を与えて、寝かせる。
体重を量りたかったが、「餌を貰える手」から降りるのを嫌がって、スケールに降りてくれない。
「お待ち台」(お立ち台みたい…)を買うか、作るかしよう。

先が少し不安。
でも、悪い方向に余り考えたりしないように。そして、関係が悪化しないようにしないと。まだ、びびりー70%モードだしね。

おやすみ、りく。
スポンサーサイト
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● お迎えおめでとう!
ととべべ | URL | 2006/01/29(日) 02:32 [EDIT]
イコアさん、りくちゃんのお迎え、おめでとうございます♪
とってもかわいい!
何回も見ては「かわいい…」とつぶやいています。
まだ幼げですね。
これからいろんなことを覚えていくのですね。

まずはごはんを食べてくれてよかった。
食べることが一番大事ですものね。
大丈夫大丈夫。これからこれから!
な~んてオカメインコにかけては大先輩のイコアさんに言っては失礼なのだけれど。
りくちゃん、いい子ですよ。
出会った瞬間に感じたものは間違いないですよね。

昨夜、最初から最後まで一気に読んでしまいました。
つらい思いもたくさんされたのですね。。
縁あって来てくれた小鳥さんにはいつも幸せでいてもらいたいですよね。
これだけ愛情を持って、鳥さんの身になって考えてくれるイコアさんのもとで育つりくちゃん、幸せだと思います。
明日はもっと仲よしになるね。
● ととべべさん、ご訪問ありがとうございます!
イコア | URL | 2006/01/30(月) 18:25 [EDIT]
ブログにご訪問いただいて、ありがとうございます!
ととべべさんが来て下さると、何だか心強いです(^^)

記事も読んでいただいたようで、そして、ご訪問した際のこちらのコメントにもご丁寧なお言葉本当に嬉しいです(><。

別れは本当に辛かったけど、今こうして、また新しい子を、りくを、傍に迎える喜びをくれたのは、あの子達だなあ、と心から思います。

そして、私たちのもとに来るまでに、この子達は母鳥の愛情、ブリーダーさんの愛情、ペットショップの店員さんの愛情、それらを受けて育ってきていて。その方々にも、母鳥さん父鳥さんにも、感謝です。

またブログ訪問させていただきますね!
これからもよろしくお願いします(^^)
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。