王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/02/02(木)   CATEGORY: りく日記:幼鳥
六日目、健康診断
病院前

今日は朝9時半に、鳥専門の動物病院で健康診断の日。
ケージの入り口を開けると、いつものごとく、とたとたと出てくる姫様。
処が、直前でぴたりと停止。…の写真が上(^^;

食い意地姫様にはペレット作戦。
ペレットを摘んで見せると、直ぐに出てくる呆気なさ(笑)
…ほんと、食いしん坊だね、りく。

今朝の体重、97g。
昨夜が103gだったから、今日は極端な差じゃないみたい。良かった。
お迎え翌朝の体重と同じだけれど、あれだけの食欲なのに、増えてはいないのが、やっぱり気になる。お迎えしてまだ一週間も経ってないのだから、こんなものかなあ…。

例の如く、ペレット作戦で、りくをキャリーの中へ。
全体をマフラーで包んでさて出発。

電話で聞いていた目印の店を勘違いしていて、ちょっと遠回りしてしまう(^^;
次からは大丈夫。多分これなら、15分もせずに到着できそう。近所に、鳥を診てくれる病院があるのは助かるかも。

到着してまずはカルテ。
歩いている間も、待合室にいる間も、一言も鳴かないりく。
この子の鳴き声を聞かない日もある位で、本当に大人しい。緊張してるから余計なのだろうけど。

さてさて診察。
まずは触診。キャリーから出されたりくは、流石手慣れた先生にあっという間に補定されて、身動き取れず、唖然とした様子。でもやっぱりこういう時でも鳴かない姫様。今鳴かず、いつ鳴くのりく…(^^;

骨格がしっかりしている子、らしい。
昨日、体重が12gも落ちていた事を伝えると、確かにこの骨格の割には少し肉付きが悪いのだとか。うちで痩せちゃったのかなあ…。
まあ、ただ迎えて五日程度なら、仕方ないでしょうね、とのこと。

ついでに、と伸びていた爪を切ってくれる。
あ、やっぱり伸びてたよね。指に乗せるとチクチクしてた。
止まり木に殆ど留まらないから、余計だろうなあ。

次はそのう検査。
口からぐぐっと細いスポイトのようなものが入れられて、そのう液の採取。
りくは目を白黒。
胃カメラを入れたことがあるので、それを思い出し、内心ギャー!という気分(^^; あれは苦しかった…。
そのう異常ナシ。

続けて糞便検査。
糞をしなかった事を考えて、一応糞を自宅からビニール袋に入れて持ってきていたのだけど、キャリーの中でしていたようなので、そちらから採取。
今まで順調だったのが、ここで「待った」がかかってしまう。

「糞が大きいですね。いつもこうですか?」
「いつも、そうですね」

確かにちょっと大きいな、とは思ってはいたけど、体格もいいし、と気軽に考えていたら、気にする様子の先生。

「匂いがありますね。臭くないですか」

Σ …えええええええ!?わ、判らなかったです…。

顕微鏡を覗く先生。
りくはもうキャリーに戻されて、うとうとしている。
図太い、というよりは疲れたんだろうな。
と、りくが小さな声で鳴く。

診察室の奥の部屋の方角から、鳥の声が聞こえる。先生が飼っている鳥なのか、入院中の鳥なのかは判らないけど、コニュア系の鳴き声かな、あれは。
りくは、その鳴き声に反応してた。

…あー、そうか、沢山の鳥がいるあのショップで一人餌になるまで育ってきたんだもの。それに、店長さんが仲間意識が強い子のようだって言ってた。
仲間が恋しいんだろうなあ。ホームシックかな。
何度か鳴き返してるりく。
でも、検査の後で疲れてるのか、大きな声ではなく、小さく、細く。

可哀相だな、とかごめんね、だとか、寂しいな、だとかそんな取り留めない感情が湧いて、少し気落ちする。

糞便検査の結果は。
ペレットが消化しきれていない、とのこと。
可能性としては
・ペレットがこの子に合っていない(希にあるそう)
・膵臓からの消化液分泌不全(雛の頃にはたまにある?)

あれだけ食べても、消化出来てないなら、そりゃ身には付かないか…。成る程。
大抵は大人になるにつれ、治るらしいのだけど、用心、と薬が七日分出される。水に溶かして飲ませる粉末の薬。
50mlに一袋なので、ケージ付属の水入れが大きいことを伝えると、小さめの容器も出してくれる。食べさせてはいけないものもメモにして貰う。

次は一週間後、2/9の9時40分に。
診察代は、3,630円(初診料含む)。
(詳細は別エントリーにメモ)

帰宅すると、とにかく眠そうなりく。
朝の食事もそんなしてない筈なのに、とにかく疲れたんだろうな。
ケージに入れて、暗くして眠らせる。下はその写真。
お疲れ様でした、姫様。
一週間後も通院しないといけないの、ごめんね。でも治そうね。

昼前に事務所に出て、夕方(しかも、ノートPCの調子が悪いので、新たに買ってきたノートPCを手に)一度帰宅して、ペレットを8gセット。
餌と水を啄んでいるのを確認して、私は仕事の飲み会でまた家を出る。
帰ってきたのは23時半。

ケージの入り口を開けると、変わらず、出てきてくれるりく。
診察で手嫌いにならないか、と心配してたけど、今の処は大丈夫みたい。
体重を量る。100g。
食後直ぐ、ではないから、こんなものかな。

慌ただしい一日でした(^^;
これで、ちゃんと太ってくれるといいな、姫様。

病院後
スポンサーサイト
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

なっつ☆ | URL | 2006/02/03(金) 14:09 [EDIT]
イコアさん、こんにちはぁ(*'▽'*)ノ
-12kgはさぞビックリされた事でしょう・・
だいぶ飛ぶようになっていたりすると体重が減ってきますし代謝もいいのかもしれませんね(*'-'*)
うちのコも挿し餌から一人餌に切り替えましたが体重がかなり減りましたよ。でもそれは自然な事なので心配していません(笑)
りくちゃん、健康診断も特に凄く心配な点があったわけでもないようなので良かったです(*'-'*)
1週間後に治ってるといいですねっ♪

イコア | URL | 2006/02/03(金) 20:31 [EDIT]
なっつさん、コメントありがとうございます(^^)
確かに、一人餌に切り替わる時と、飛び出す時って体重ぐーんと落ちますよね。それなのかなあ…。
今まで体重を量りながら、インコを育てるってことしたことないので、毎日の数値に一喜一憂です(^^;
いつかはお婿さんを迎えて、巣引きにも挑戦してみたいのですが、こんなにおろおろするようでは、まだまだの道程のようです(^^;
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。