王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/23(月)   CATEGORY: 今までの子達
二匹目と三匹目
結論として、その子達は、迎えて直ぐに落鳥してしまいました。

私は大学生となり、親元を離れて一人暮らし。
ホームシックになることはありませんでしたが、インコと暮らしたいな、と、オカメインコをお迎えすることに。

その街で一番大きなペットショップに向かいました。
そこの特徴として、子犬はたまに扱っているようでしたが、総合ペットショップ、との看板はあっても、実際は鳥ばかりだったということです。
鳥の種類は確かにかなり揃えてありました。
そして、その頃はオカメインコの知名度も上がってきていましたので、シーズン事にオカメインコの雛を度々仕入れている店であることもチェック済みです。

嫌な予感は、ありました。
私の知識不足でもありました。
オカメインコと暮らしたい、という欲求に負けてしまっていたとも思います。

その店が、汚かったんです……それはもう。
後にも先にも、今まで見たペットショップの中で、一番汚い店でした。
もうあんな店にこれから逢わないことを、祈ります。あってはいけません…。

店内は薄暗く、鳥籠の並ぶエリアには、蛍光灯もついていません。
蛍光灯がついていないのは、今思えば理由があります。
糞切り網に納まりきらない程の、糞が山積みになっていました。毛引きの子もいました。目が化膿しているような子までも。
そんな子達を、そんな環境を、明るく照らす訳がありませんよね…。暗くして、誤魔化していたんでしょう。

そこで、私はオカメインコの雛を迎えました。

私にとって二匹目となるその子は、一週間ともたたず、落鳥しました。

また、同じ店で私はオカメインコの雛を迎えました。

弱り、通院し、一ヶ月もたたず、三匹目のその子も落鳥しました。

今にして思うと、その時の私の首を絞めてやりたい(--;
そこで迎えるな!と。
同時に、あの時あそこで見た雛達を全部迎えてやれ!とも思います。

そこの店だけが原因だったとは、思いません。
三匹目の子は羽が生え揃っても足腰が立たず、先天的な疑いもありました。

ただ、あの劣悪な環境で、病気を拾って来ていてた疑いも十分過ぎます。


そして、雛を育てた経験が何度もあるという私の奢りと勝手な自信と、…知識が足りませんでした。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。