王冠と真珠とチークなインコ
オカメインコとその執事な私の日々
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/23(月)   CATEGORY: 今までの子達
四匹目の:性格
あの出逢いからは一転して、その後はもうほんと甘えん坊の子でした。

親への愛情のすり替えが起こったんでしょうね。

離れて許せる許容範囲は二メートル。
それ以上離れれば、オカメの「呼び鳴き」が始まります。
一人暮らしの私といたのですから、尚更ですよね。キッチンにたてばピョー!トイレにいけばピョー!
ただ、余り長くは鳴き続けない子で、お風呂に入ると、暫くは聞こえていましたが、やがて鳴き止んでいました。

基本的にクリップはしない主義だったんですが、余り飛ばない子でした。
とにかく、私の肩か腕か膝が定位置。頬を掻かれて、うとうと眠ります。
最初の子には、カーテンレールの上で壁紙囓り等やられていたんですが、この子はそういった子はしませんでした。
私が雑誌を読んでいれば、ぱりぱりと横からページを噛むんですが、そう熱心ではなく、直ぐに飽きていました。
それよりは、頬を掻いて貰ったり、私の傍で寄り添っている方が好んでいたようです。

そういう点では、そう手間の掛からない甘えん坊さん、でしょうか。

可愛い子でした。
私の四度の転居の間も常に傍にいてくれて、十数年、一緒でした。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 王冠と真珠とチークなインコ. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。